体脂肪燃焼にはこれがおすすめ!効果的なエクササイズ運動や栄養素、食べ物や飲み物、人気サプリの口コミ

要チェック!体脂肪燃焼に効果的な栄養素を摂取しよう

要チェック!体脂肪燃焼に効果的な栄養素を摂取しよう

 

 

・体脂肪燃焼に効果的な栄養素を知ろう

 

余分な体脂肪を減らして、ポッコリお腹を何とかしたいと思っている人はたくさんいると思いますが、どういった方法で体脂肪を減らしていこうと考えていますか?

 

体脂肪を減らすためには食べないのが一番だろうということで、無理な食事制限をしようとしている人もいるかもしれませんね。

 

暴飲暴食はもちろん控えるべきですが、無理な食事制限をすると、栄養不足になって健康に被害が出てくるだけではなく、体脂肪燃焼に効果的な栄養素も不足してしまいます。

 

それでは、体脂肪の燃焼がきちんと行われなくなって、痩せにくい身体になってしまいます。

 

なので、体脂肪を減らしたいという人は、体脂肪燃焼に効果的な栄養素を知って摂取していくことが大切になります。

 

そこで、体脂肪燃焼に効果的な栄養素とその栄養素を多く含んだ食べ物を紹介したいと思うので今後の食生活の参考にしてみてください。

 

 

 

 

・体脂肪燃焼に効果的な栄養素を紹介

 

「ビタミンB1」

 

ビタミンB1自体に体脂肪燃焼効果はなく、糖質を燃焼させる働きをもっています。

 

では、どうして体脂肪燃焼に効果的な栄養素として紹介するのかというと、糖質が燃焼してしまわないと脂肪の燃焼は行われないからです。

 

ビタミンB1は、うなぎやたらこ、豚のもも肉やヒレ肉などの食べ物に多く含まれています。

 

「ビタミンB2」

 

ビタミンB2は脂質の代謝を促す働きをもっているので、積極的に摂取していきたい栄養素になります。

 

ビタミンB2は牛、豚、鶏のレバーやハツに多く含まれています。

 

 

 

 

「L‐カルニチン」

 

脂肪の燃焼は筋肉細胞のミトコンドリアで行われます。

 

つまり脂肪がミトコンドリアまで運ばれないと燃焼することができません。

 

そのミトコンドリアまで脂肪を運ぶ働きをもっているのが、L‐カルニチンです。

 

L‐カルニチンは体内でもつくられるのですが、20歳くらいから体内でつくられる量がだんだん減ってしまいます。

 

歳をとるとだんだん体脂肪が落ちなくなるのはL‐カルニチンの不足が大きな原因となっているのです。

 

L‐カルニチンは牡蠣やラム肉、牛肉、豚肉などに多く含まれているので、特に代謝が落ちていると実感している人は積極的に摂取していきましょう。

 

また、最近ではサプリメントなどもあるので、効率良く摂取したい場合はサプリメントで摂取するという方法もよいでしょう。

 

 

 

 

「パントテン酸」

 

L‐カルニチンと一緒に脂肪をミトコンドリアへ運ぶ働きをもっているので、L‐カルニチンと一緒に積極的に摂取していきましょう。

 

パントテン酸は卵黄、納豆、豚や鶏のレバーなどに多く含まれています。

 

「ナイアシン」

 

ナイアシンは脂肪を燃えやすい状態にする働きをもっています。

 

ナイアシンはこの働きの他にも、アルコールを分解する働きをもっているので、アルコールをたくさん摂取する人はアルコールの分解にたくさん使用されて、不足しがちなので注意が必要です。

 

ナイアシンはかつおやマグロ、イワシなどに多く含まれています。

 

 

 

 

「ビタミンB6」

 

ビタミンB6は、脂肪の代謝や燃焼の際に欠かせない栄養素になります。

 

たらこやマグロ、カツオやイワシなどにビタミンB6は多く含まれています。

 

次のような記事も見て下さいね。

 

 

体脂肪の燃焼に効果的な野菜を食べよう!

 

 

・バランス良く栄養素を摂取しよう

 

体脂肪燃焼に効果的な栄養素をいくつか紹介してきましたが、ひと言に体脂肪燃焼効果と言っても、それぞれの栄養素がいろいろな働きをもっていることが分かると思います。

 

なので、体脂肪燃焼に効果的な栄養素を一つだけをたくさん摂取しただけでは、じゅうぶんな効果は得られないということも分かると思います。

 

体脂肪を減らしたいと思っている皆さんは、体脂肪燃焼に効果的な栄養素をたくさん知って、バランス良く摂取していくことを意識しましょう。